プロフィール

kozo

  • Author:kozo
  • 京都市右京区嵯峨在住。
    どちらさまもお気軽に
    コメントください!

    本ブログにそぐわないコメント等は独断で削除します。

    直メールは
    koz*visions-style.comまで。(*を@に変えてください)

最近の記事

カレンダー

08 | 2005/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コンビニ弁当

福岡でちょっと話題になっているそうだ。


ある養豚場で豚の死産が相次いだのだ。

生まれたとしても、奇形だったり、
すぐに死んでしまったり。


じつはこの養豚場では、

母豚に、コンビニで期限切れになった弁当やおにぎりを
与えていたというのだ。

期限切れの弁当を回収する業者が
廃棄するにも金がかかるというので
タダで養豚場に収めていた。

養豚場の人も、それに気がついて
弁当をやるのをやめると、
だんだんと元に戻ったとか。


この話は、西日本新聞の「食卓の向こう側」
というシリーズの連載にあったそうだが、
(本も売っているそうです。
「食卓の向こう側〈2〉」
著者: 西日本新聞社「食くらし」取材班)

どこのコンビニかは、
具体名を発表するとパニックになるというので
発表されていない。
実際この話が、もっと膨らんでいけば
もっとパニックになるかもしれない。


私もその昔、事務所の小さな冷蔵庫の奥のほうに
ある全国チェーンのケーキ屋さんの
1年以上(いや2年)前のシュークリームの箱が入っていたのを
発見したことがある。

おそるおそるその箱を開けて、中をのぞいてみると
あーら不思議!

シュークリームが
2年前そのままの姿で、入っていたのだった。
しかもいいにおいだった。
背筋が凍るぐらいコワイ気分がしたのを覚えている。

また、サバ寿司を作って、売っている私の友達は、
百貨店のいわゆるデパ地下にサバ寿司を納める際
友人のところでは添加物を入れていないので
百貨店側から添加物を入れるように言われて、とても困ったそうだ。


便利な世の中になるのはいいんやけどね・・・
だんだん美味しいものが食べられなくなるのだろうか。


スポンサーサイト

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。