プロフィール

kozo

  • Author:kozo
  • 京都市右京区嵯峨在住。
    どちらさまもお気軽に
    コメントください!

    本ブログにそぐわないコメント等は独断で削除します。

    直メールは
    koz*visions-style.comまで。(*を@に変えてください)

最近の記事

カレンダー

04 | 2006/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嵯峨祭:本番

嵯峨祭本番です。


8BG8BDsh0077

塩T君作のてるてる坊主。
効果バッチリでした。

これから「チーム菊鉾」の1日が始まります。
デジカメは祭りの間
持ち歩くには大きすぎたので
携帯の荒い写真しかありませんが・・

8BH8BEsh0078
これから出発です。
ルートは2通りありますが
今年は「北嵯峨ルート」
どちらも味があります。

8BI8BFsh0079
嵐山の嵐亭前で休憩。
少し時間が遅れ気味です。
ここからお旅所まで
電線がほとんどない道がつづき
鉾はほとんどとまらずに鳴り続けます

去年は天候が悪く、
鉾の後ろにたなびく「吹き散り」が
なかったのですが、
今年はつけました。
イメージががらっとかわります。


糸井重里さんのウェブサイト、
ほぼ日刊イトイ新聞でも
http://www.1101.com

気まぐれカメら」のなかで
一部、嵯峨祭の様子を
取り上げていただきました。


糸井さんとは、
メールで何度かやりとりさせていただき
俳句まで詠んでいただきました。
大感激です!!
結局お会いできなかったのですけどね。

 

スポンサーサイト

前日

siku
四区会議所前


嵯峨祭の準備完了。

雨よ!


嵯峨祭本番まで5日。

鉾の練習の方は
ハッキリ言って、
そろそろ疲労がたまってきています。

上達しているのか、していないのか
よくわからない感じです。

でも心配なのは天気のこと。
今年は、梅雨のような5月です。

紅葉の季節より
京都は今の季節のほうが
好きですが
雨は堪忍してほしい。

祭モード

四区会議所前

嵯峨の町は祭モードに入りました。

竹西井頭町


前日、雨の中切ってきた竹を
嵯峨のところどころに
竹作業
立てます。

独特の結び方で
なかなかできる人がいません。
nawa
28日の嵯峨祭の当日には
鉾や神輿がこの竹の間をを通ります。

鉾の練習も
練習鉾に重りを追加して
本鉾の重さになりました。

重いです。
練習鉾
真ん中に2つついているのが
重り(1こ2.5kg)
裏にもついて×4

本鉾

honboko
会議所に菊鉾の本鉾が組み立てられました。
(斜めになって吊られている図です)
 練習は、練習鉾で行うのですが、
本鉾を見ると、祭(5/28)が近づいてきたことが実感できます。

練習は、毎日課題を設定して、
あせらないようにやっているつもりですが
少しあせってきたような・・・

ここのところ雨が降りがちな嵯峨からでした。

鉾の練習スタート

28日に地元の祭、嵯峨祭があります。
本番に向け、
鉾差の練習が始まりました。

なかなかほかの地域では見られない
出し物というのか、
祭の御神輿を先導するものです。

カーン、カーン、という
鈴(リン・鐘)の
音を響かせながら歩きます。

私の場合、
まだまだカーン、カチッ、おっとっと、
というような感じですが・・・

今朝の鳥居

鳥居0511
ネタ切れ時によく登場する今朝の鳥居です。
くもり空です。
どれが鳥居かわかりますか?

木漏れ日

快晴続きのゴールデンウィーク中盤、
宇治の太陽が丘にて。


taiyougaoka

渡月橋

arasiyama1
嵐山、渡月橋。

この辺は、大堰川というのかな。
保津川とか桂川とか
名前がコロコロかわります。
最終的には淀川になって大阪湾まで流れていきます。


渡月橋から下流200m。
arasiyama
プールのない時代は
みんなこの川で泳いでいたそうです。

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。