プロフィール

kozo

  • Author:kozo
  • 京都市右京区嵯峨在住。
    どちらさまもお気軽に
    コメントください!

    本ブログにそぐわないコメント等は独断で削除します。

    直メールは
    koz*visions-style.comまで。(*を@に変えてください)

最近の記事

カレンダー

09 | 2006/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

RSSフィード

紅葉

0610293
全国の天気予報で
北海道のところを見ると
最低気温0度などと平気な顔して表示されてますので
贅沢言ってはいけませんが、このところ朝が寒いです。
昼間は結構気温が上がりますが、
朝晩とくに朝は寒いです。
ただきれいな紅葉のためにはこんな感じがいいようで
今年は期待できるのかもしれません。

寺田イモ

0610291
江戸時代、
今の城陽の長池のあたりに住んでいた
シマリヘイさんというひとが
何かの罪で島流しに遭った時、
その島で栽培されていたサツマイモの苗を、
帰るときにこっそりチョンマゲの中に隠して持って帰り
それが寺田イモとしてこのあたりに広まった、
という、その寺田イモ。

かつてはプロゴルファを目指していた
友人の畑でイモ堀りをさせてもらいました。
今ではすっかりプロの農家になっています。

同じ量のご飯を食べるより
エネルギー摂取が1/3に抑えられる上、
ビタミンCが夏みかん並みという優れた食品です。
おならは出ますがの・・

寒くなり始めました。

0610131
3週間近くもたつと、
葉っぱの色は結構ちがうかもしれません。
というわけで今月初旬の大文字で撮って
残っていた写真です。

急速に秋が深くなってきてます。
暖房器具こそまだ入れていませんが
朝晩ははっきり言って寒いです。
この間、時代祭の日に、
鞍馬の火祭りをやってました。
一度見てみたいと思うのですが、
火の近くは暖かそうですが
見ている人はかなり寒いのかも知れません。

大沢池

06101501
大沢池。
日本最古の人工の林泉(林や泉水などのある庭園)
などといわれているので、
太古の昔はなかったのか
それとも水溜りのようなものはあったのか。

となりの広沢池も
何とかという坊さんが作ったとか
秦氏といわれる人たちが作ったとか言われていますが
このあたりからは石器が出ているので
あるいは昔からの池なのかもしれません。

石器時代までさかのぼっても
愛宕山や比叡山や、まだ鳥居のない曼荼羅山は
今と同じ形でおさまっていたんでしょうか。
いや鳥居はすでにあったりして・・・

ガソリン

06101502
写真とはまったく関係ないのですが、
このごろ、じわじわとではありますが
ガソリンの値段が下がってきています。
毎日クルマに乗るものとしては
ありがたい限りですが
まだまだ高いのには変わりありません。

今日はリッター129円でした。先週は133円ぐらいだったと思いますが、
セコイと言われようと、何されようと
このような時は満タンにしないで、
ちょっとずつ入れるようにしています。

ファイナンシャルプランナー的に言えば、
預金の金利が上がっている時には
固定金利の預金をしてしまうより
変動金利の預金をするほうが良いということと同じ話ですナ。

それに、減らしたガソリンの分、軽くなるので
燃費面でも若干効果があるわけです。


何年も前のことですが
初めてアメリカに行ってクルマに乗ったとき、
ガソリンはセルフが多く、
入れ方がわからず戸惑いましたが、
店員がいたらいたで、どう言っていいかわからず
これまた戸惑っておりましたら
となりの人が「フルタンク!」と言っていたので
すかさず私も「フルタンク!」。
そのため異国では
満タンしか入れられないワタクシです。

東海道線

06101503
電車が好きなうちの子供を連れて行くと
狂喜乱舞なところです。

「ファーン!」と
一発、合図していってくれる
運転士サンもいます。

東の方から新幹線などに乗って
京都へ帰ってくると、
いまだに、まず京都タワーを探します。

冷やしきゅうり

0610133
大文字から下りてきて
銀閣寺の参道にて
「冷やしきゅうり」
軽く漬けてありました。

「生のままでええのに」
と子供には不評でしたが
京都の観光地で
漬けずに出すわけには行きません。
 

 

鴨川

061009
ここから、高野川と賀茂川は
鴨川となります。

大文字山の大文字のあたりは
標高300mぐらいということですが
筋肉痛になるには充分でした。

疲労回復に、
豆大福を買って帰ります。

ルーブル美術館展

06100801
ルーブル美術館展

伏見工芸さんにチケットをいただいたので
芸術の秋をしてまいりました。
紀元前後のギリシャの彫刻が
ところ狭しと並びます。
情報過多といわれる今の時代からすると
作品のひとつひとつがとても深い印象を受けます。

伏見工芸さんは、
このような美術展のディスプレイを
手がけられる会社で
美術系の好きな人には
たまらない仕事をする会社です。

大文字山

061008daimonji
大文字山に登りました。
30分ほどで
京都市内が一望できます。


写真のところが、大の字の真ん中。
ちょうど真正面に愛宕山を望んでいます。
灰がまだ残っている火床も
けっこうありました。


子供を背負っていると、
最後の151段の階段が
結構な難所となります。
061008



秋雨

06093002
8月にどこかでお会いしましたか?」
いろんな行事に登場するようです。
次の出番は今日から始まる「観月の夕べ」。

今日の京都は雨。
いつもより大きいはずの月は
あさってには見ることができるのでしょうか。
 
 

デザインを秋用に変えてみました。
色が変わると
ずいぶん印象がちがうもんです。

満月

06093001
大覚寺では、
毎年、中秋の名月に行われる
「観月の夕べ」の準備をしていました。
 
今年は、ちょうど6日あたりに、
周期的に月が地球に一番近づくために
少し大きめの満月になるのだそうです。

ややこしいのは、
月齢としての満月は7日だそうです・・・

天文系が理解できる人は
本当に賢い人なのだと思います。

彼岸花

060930
愛宕山をバックに彼岸花。
独特の雰囲気をもって
嵯峨のそこら中に咲き誇っています。

日曜日は区民体育祭でした。
私は年齢別リレーに出場予定でしたが
お昼前から本格的に雨が降り始めたため
午後の部はすべて中止となったため
なしになりました。

ひと月ほど前から、
家~渡月橋までを往復しながら
練習していたので不完全燃焼ですが
日常で動作全般とても楽になったように
感じるという副産物が
あったのでよしとします。

体育祭終了後、
午後の競技のために用意されていた賞品を、
抽選で順位を決めて分配しました。
自分の出る予定だった年齢別リレーの5位(orz)以外、
賞品のある1~3位をすべて当てたので
あとで配って歩く仕事は増えましたが
選手の皆さんには喜んでもらえたようです。
それにしても毎年強い町内は、
いつもこんなに賞品ゲットしとったんわけですね。

「おれには賞品ないのかぁ!」
彼岸花だけにひがんでるわけではございません。
m(_ _)m

 ホーム