プロフィール

kozo

  • Author:kozo
  • 京都市右京区嵯峨在住。
    どちらさまもお気軽に
    コメントください!

    本ブログにそぐわないコメント等は独断で削除します。

    直メールは
    koz*visions-style.comまで。(*を@に変えてください)

最近の記事

カレンダー

10 | 2006/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なぞの物体

061129
子供のスイミング友達のお母さんから
いただいたこれは何でしょう?
りんごと一緒にもらったので
青りんごかと一瞬思ったけれど
においは無いです。
りんごよりはやわらかな感触。
 
 
 
スポンサーサイト

渡月橋より望む

0611271
渡月橋の下を流れるこの水路が、
桂川を、このあたりだけ「大堰川」と呼び、
大昔から機能してきた、
大堰川の大堰川たる所以と言っていいかもしれない。
奥に見える、川をせき止めたところが「一の井堰」で、
これが一時的に川の水位を上げ
この水路のように遠くの田んぼまで
水を運ぶことができるようになる。

原型は1500年ほど前に、
大陸から渡来した秦氏が作ったといわれている。
一の井、二の井といくつもあったようだ。

嵐山の歴史は古い。

紅葉の嵐山

061127
不安定な天候にもかかわらず
この秋の人手のピークとも思われる
嵯峨嵐山散歩。
次々になだれこむ人の流れのため
ほぼ自然に左側通行となっていた渡月橋で
この写真を撮るのも大変な状況である。

お土産に漬物と、時期はずれの桜餅を買って帰る。
桜餅はあんこ「あり」と「なし」が入っていたが
断然「あり」がうまかった。
漬物は大根2種類。
ごま油で漬け込んだものが
めずらしく、またうまかった。
 

金閣寺

0611241
近くのブルー公園にて。

今日の天気は、
晩秋というよりはすでに冬突入感のほうが私には強いかな。
厚い雲がすぐそこの上空で渦巻いているようで昼でも薄暗く、
テレビで見たゴルフの全英オープンのよう。

テレビといえば、
いろんなチャンネルで京都の紅葉特集をやっている中で
ある番組では金閣寺が出てきた。

晴れわたる濃い青の空の下で、
常緑樹のみどりと、
紅葉の赤や黄色をバックに
金閣寺。


なんぼ派手やねん・・・・・

献血

061124
シリーズ:京都駅前~その4「タワーの入った『箱』」
献血の帰りにて。

久しぶりの献血。
400CC分体重が軽くなった。
「成分献血」というのもあるが
病院からの依頼がリアルタイムにコンピュータに表示され
その時々によって頼まれる成分が違うし、
また、成分によって保存期限もかなり違うそうだ。
赤血球などは冷凍できるので長いそうだが、
血小板は72時間ということ。
ちなみにわたしは血小板が多いとのこと。
やってくれた看護婦さんは
ひとつ質問すると、文庫本1冊分ぐらいの
答えが返ってきた。
血を抜かれながらで、どこか集中力がおちているらしく
あまり聞き取れなかった・・・・

京都観光シーズン突入

061121
通りすがりの秋の風景。
紅葉というのか、いや黄葉か。
東本願寺の前の
烏丸通が二股に分かれる、その間のゾーン。
いつもは二股のそれぞれの道路を走行できるが
いま西側の道は観光バスの駐車場と化していた。

もはや平日か祝日かは関係なく
京都の街中は観光バスだらけとなっていて、
嵯峨界隈でも朝からちょっとした渋滞に巻き込まれた。


今日、事務所が入っているビルの
1階のエレベータ入口の上に
エレベータの中が映るディスプレイ画面がついた。
もうエレベータの中で、ゴルフの素振りはできない。

雨、京都

0611163
シリーズ:京都駅前~その3
このところ天候がすっきりしなかったこともあり
写真ストックがそこをついたので
しつこく京都駅を・・・

事務所が入っているビルのエレベータが
新しくなった。
今まで何の問題もなかったが
だいぶ古くなったということで
大家さんが500万かけて新しくしたらしい。

前より良くなってるのだろうが
信用できないので、まだ乗れない。。
1週間ぐらいは歩いて階段を上り下りすることにする。

都の灯台

0611162
シリーズ:京都駅前~その2

こちらは40年以上立ち続けている
京都タワー。
昼間は古臭く感じるのが
夜光っている実物を見ると結構これがいけるのです。

下のビルは
京都タワー名店街なるお土産物屋さんはもちろんのこと
銀行や書店や100円ショップが入っていたり、
最近ではスターバックが入っていたりするが
基本的にはホテルなわけである!!
忘れがちだけれども・・・

クリスマスモードの京都駅

061116
京都駅。
中央入り口から入った構内で、
京都タワーの方を向いて見上げてみた図。

当時、いや今でも京都ではめずらしいぐらいの
巨大な建物として生まれ変わった時に
喜んで見に来たのがついこの間のような感覚なのに
あれからもう9年もたったらしい。

あちらこちらでクリスマスモードの電飾が
今週来週あたりの膨大な京都への観光客を
待ち受ける。
0611161

愛宕から雲のこぼれる鳥居かな

061113
雲がこぼれてきたような鳥居だったので
思わず撮る。
今朝も寒いです。

高校時代のクラブ顧問の川野先生が
定年されるのでお別れ記念のOB会。
先生が大学を卒業してすぐに体育の先生として
赴任して以来ということで
下は10代から上は60代まで
40世代以上が集まった。
 
上の先輩には
オリンピック選手がいたことを知り、おどろく。
下の後輩には
アナウンサーがいたことを知り、おどろく。

嵐山で行灯

061109
年間を通して嵯峨嵐山界隈でよく登場する行灯(あんどん)。
このごろは、夜に嵐山で見ることができる。

ただご覧のように、
暗い道の端をただ薄暗くボーっと照らしているだけで
これ以外見るものがなく、
賑やかに夜店が立ち並ぶわけでもない。
平日ということもあるが、歩く観光客もほとんどいない。
12月に「嵐山花灯路」をやるための予行練習なのか。
一番観光客の多い時期なので
一応つけときましたしぃ!という感じだ。少しさみしい。

嵯峨の鳥居と月

061108
いつもの通りすがりの朝の鳥居
満月からは2,3日分欠けているけれど
ここで月が綺麗に見えるのは珍しいので
縦に撮ってみる。

クルマについている温度計は6度C。
平年の最低気温は10度ぐらいらしい。
クルマの中から窓を開けて撮るときに、
少し寒さを感じる。
 
 
 

嵯峨三昧

0610292
以下雑文にて。

3連休やったのに右京区から出ることがなかった・・・
幼稚園のバザーやら、
町内のソフトボールやら、
焼肉パーティやら・・・
 
しょうがないので
京極夏彦を読み始める。
本が分厚すぎるのと、おどろおどろしい装丁のために
毛嫌いしてたが嵌るかもしれない。

テレビで「信長の棺」を途中から見る。
この間、桂川のほとりで見たロケで撮ったような景色が映った。
5日たらずでオンエアできるのかしら。
明智光秀のところで出てきたので
やっぱりそうなんかもしれない。

「ですます調」を「である調」に変えてみる。
少し見かけの年齢が上がったようにも感じる。

町内の体育委員の仕事は
体育祭の次の第2のクライマックスが終わり、あと少し。
思いのほかハードな役やったが
やったこともない競技をできたのはよかった。

いくさの準備

061101
戦(いくさ)が始まるようです。
明智どのの謀反でしょうか。
嵐山下流にお住まいの方は
流れ弾に注意してください。

そばで見ていた、よそのおばさんによると
「太閤記」とのことです。

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。