プロフィール

kozo

  • Author:kozo
  • 京都市右京区嵯峨在住。
    どちらさまもお気軽に
    コメントください!

    本ブログにそぐわないコメント等は独断で削除します。

    直メールは
    koz*visions-style.comまで。(*を@に変えてください)

最近の記事

カレンダー

04 | 2008/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

RSSフィード

飛行船

080530
今年ほど飛行船に出会う年も
なかなかないでしょう。
ゴールデンウィークにはほぼ毎日見たし、
このNHKの飛行船も最近よく飛んでます。

思いのほか速いもので、

どこから飛び立って
どこから降りるのだろうか・・・

などと考えているうちに
四条烏丸の交差点からは見えなくなりました。


ところで・・・
オイオイやっとかい!と言われそうですが
祭りの疲れが
やっととれてきました。

山門にて

080529
釈迦堂の山門にて上を見上げる。

ここはこの事件以来まだ修理中です。
結構長いことかかるもんです。

昔はこの釈迦堂に
愛宕神社のお旅所があったそうで
そういった意味でも
嵯峨祭との結びつきは深いお寺です。

 
 

お旅所前にて

080528
嵯峨を一日がかりでひと回りして
帰ってきたお旅所の前で
最年長鉾差し「なおぃっちゃん」の鉾差し姿と
拍手を送る町内の人たちおよび鉾差し。

もし自分が70歳だったら
こんなにも元気に鈴(りん)を鳴らせるだろうか・・・
こんなにも温かい拍手をもらえるだろうか・・・

嵯峨祭 ~08

0805250
何とか雨は上がり
予定通り今年の嵯峨祭はスタートしました。

 

0805253
今年は一昨年と同じ北嵯峨ルート。
お神輿がやってきました。
 
0805254
昼前に、
日ごろは閉まっている
大覚寺の勅使門から入って中で鉾を差します。
 
0805253
境内には十二単のお姫様もいる中
すべての鉾が練ります。
 
0805255
午後の嵐山での休憩場所。
 
0805251
ワタクシです。
お粗末さまです。



0805259
鉾を次の人に渡すときには
差し上げの人が
一旦差し上げて次の人に差し替えます。
これには力だけではなく大変な技術が必要です。

練習鉾なら差し上げの人が入らなくても、
自分で持ち上がりますが
吹き散りも装着される本鉾ともなると
コレはちょっと無理です。

ワタクシも差し上げができるよう
今からトレーニングせな・・・


0805256
渡月橋前で差す隣人クン。
絶好調でした。 
 
0805258
新生、美空ひばり座前にてyuaさん。
 


0805257
神幸祭のときに立てた竹を下ろします。
 

080525
「恐怖」



「嵯峨祭’08」チーム菊鉾の5月は無事終わりました。
ありがとうございました。
あぁ、疲れた!

毎年のレポートと
大して変わらん内容のような気がしますが・・・
嵯峨祭(07)
嵯峨祭(06)

麦代餅

080524k
いったい、
この数日で何度天気予報サイトを
みたことだろうか・・・

いつも還幸祭の前の日は
提灯を立てて、
前に本鉾を立てておきますが
雨模様の今日は一瞬だけ立てて
仕舞いました。


明日の準備がすべて完了した後
麦代餅(むぎてもち)を食べて
明日に備えます。
0805241k

   

天気

080522
お旅所、
お祭り期間中。
あと2日、お天気どうやろ?


ほとんど文章などで
記録されていないようなことを
長い歴史の中で何代、何十代と、
人から人へ脈々と伝えていくというのは
いろいろな人間がいるという前提の中で考えると
大変なことやなぁ、とつくづく思います。

今のところ、「嵯峨祭」という言葉が
文献に最初に出てくるのは1419年。
もちろんその過程で変わってきたことは
山ほどあるんやろうけれど
天気を心配する気持ちは
きっと変わってないと思います。

男結び

080518
いつ、誰が始めたか「男結び」。
縄が切れないように
水を掛けながら
やさしく巻いていきます。


【菊鉾通信】
中学生の登場に驚いていたら
おとといから小学生の参加者が来て
さらにおどろきです。
すっかり鉾にはまったらしく
うちの長男が、
わざわざ学校で呼び止められて
「今晩練習行くしな!」と宣言していったそうです。

今から始められるのは
はっきり言って、かなりうらやましい!

ただ小学生には重いものなので
成長のためには注意しなければなりません。

080520k
最年長と最年少の
年の差約60歳の貴重なショット!

竹たて

0805181
昨日切ってきた竹を立てる。
この2本の竹の間を
お神輿が通ることになります。
「竹」と言っていますが、
このあいだの本では
齋竹(いみだけ)と書いてあります。
上に御幣というヒラヒラがついているので
御幣竹ともいいます。


その後
仕事のため、今晩から練習できない
Y君のために少し練習。
強烈にまぶしく暑い昼練でしたが
昼間にできるのは貴重な体験です。
写真は会計のMoorieさん。
080518k2

出稽古

080517k
晴天。
朝、明日立てるための
竹を切り出しにいく。


嵯峨祭「おいで」の前夜、
今日は練習鉾で町内を回る日。
途中、足を伸ばして
牡丹鉾の練習場所に「出稽古」。
とはいえ
ここはあくまで牡丹鉾の場所なので、
菊鉾を差すのは遠慮しました。

牡丹鉾は本鉾が出ていました。
菊鉾とはまた違った
上品な音が鳴っていました。
 
 

嵯峨祭の歩み

080517
マニア垂涎!
古川修著「嵯峨祭の歩み」
そんじょそこらの本屋さんでは
売ってません。

去年の祭りの前の日にも
著者の講演会を聴きに行ったのですが、
嵯峨祭は古くから
お寺とか幕府とか、
いろいろな権力に
翻弄されてきているようです。

ギャラリー

080516
練習鉾を囲む
和歌山の小学生たち。
最近ギャラリーが多いです。
照明つけて、鈴の音が鳴ると
結構目立つようです。

私のほうは
好調の二十代コンビを横目に
疲労困憊と
ちょっと焦り気味です・・・
マイナス思考が入りだすと
あきまへん!

もう寝ます。

小休止

080515
大沢の池より。
ちょっとだけ前のストックから。


~~
【菊鉾通信】
昨日の疲労が思いのほか
ダメージが残していて
中学生の新人君を
迎えにいくことになっていたのを
お向かいにお願いして
今日はユンケル飲んで小休止しました。

明日は大丈夫と思います。

愛宕山~御室から

0805064
御室八十八ヶ所から見た愛宕さん。
やはりどこから見ても
「比叡山に叩かれた」コブがありますが
随分と見え方の感じは
違ったものになります。


~~~
【菊鉾通信】
今日は人数が少なく、すぐに順番が回り、
途端に体力的にほぼ限界に達しました。
キーボード叩くのも
しんどい感じやけど
なんで手に力入ってんねんやろ?

前回より、なんと中学2年生が
参加してくれています。
ま、最初は無理をせず、
好きになってくれたらええなぁ、
と思います。
 
 
080514k
昨年に引き続いてお向かいさん。
どうも順番的に写真撮りやすい。

これでもか

080513
そないに嵯峨祭の
アピールせんでもええと思うねんけど・・・
(よく見えない方はこちらへ。)


今日は雨のため
鉾練はおやすみ。
よう降ってます。
天気予報はビシッと当ててきました。

少々、腰も痛いので
ちょうどよかったです。

鹿男

080512k
差し入れの
鹿肉のたたきと冷やしうどん。
ほとんど鹿男か、っちゅうぐらい
いただきました。
だしの旨い、この冷やしうどんは
毎年のひそかな楽しみとなっております。

週間天気では
雨マークがちらほらありますんで
できるときにたっぷり練習しておきたいと思いましたが
その分、体が悲鳴を上げてます。

おなじみの風景~夕暮れの嵯峨

080511
夕暮れの空の下で
おなじみの鳥居と愛宕さん。
それにしても
寒い、ここ2~3日です。
かといってヒーターは仕舞い込んで、
ホットカーペットだけが頼りです。


『菊鉾通信』
祭当日まで14日。
昨日は雨降りだったため
新しい練習場所での練習開始。
去年までとは異なり、
土のでこぼこした場所での初練習で、
最初みんな戸惑っていました。

嵯峨のほかの町内の鉾も
鳴っているのが聞こえてきました。

鉾練開始~雨

080510k
まだバラバラでパーツ状態の
菊鉾の本鉾。

平成20年度嵯峨祭に向けて、
わが町内の鉾の日々が
本日始まりました。
とはいえ、雨なので
今日は鉾の組み立てなどで
練習はなし。

今年は新調した鈴(りん)ですので
音色が楽しみですわ。


いや、しかし
今日は一日中、雨。雨。雨。
おまけに寒い1日でございました。
北海道では雪が降ったようなので
まだましですが。

B.B.Q in ガレージ

080510
鉾の練習が始まる日、
雨の中、ガレージの屋根の下で
近所3世帯で集まってB.B.Q。
みな、チーム菊鉾です。

最近は「焼きマシュマロ」。
これが定番だそうで。

そのまま食べても
ビスケットにはさんでも
おかしだけに、いとをかし。

肉もたくさん
いただきました。

阿弥陀如来~『土門拳』風

0805066
記事の番号を見たら
ブログ始めてから
ちょうど500回目ということで、
大沢池石仏群から
阿弥陀如来(『土門拳』風)。

石の上にも3年・・・

大沢池~新緑

0805062
新緑映えます、大沢池。

ゴールデンウィークも終わり
足に筋肉痛を残して
普通の平日はもどってきました。

が、ちょっとでも気を緩めていると
一瞬で5月も中旬に
なってしまうところが
ワタクシにとっての
恐ろしいところでもあります。
 
 

ご利益

0805063
仁和寺の裏山にある御室八十八ヶ所。
こういうお堂が88ヶ所、
順番に並んでいて、
ゆっくり歩いても2時間ほどで
すべてまわる事ができてしまいます。

四国の八十八ヶ所の
スーパーダイジェスト版ですな。


ここで八十八ヶ所も回ったし、
前に、5408巻のお経も読んだし、
ご利益的には
ホンマ、
相当なものです。


設置完了

080505
菊鉾練習場所、
設置完了。
今年から、ここでやります。

照明装置などの道具を
運ばなくてよくなるので
だいぶ楽ですが
下が凸凹しているので
注意が必要です。

シーソー、人力車

0805043
シーソー、人力車。

晴天の続く
ゴールデンウィークです。


ところで
伊達公子選手
すごいです。

雨で中断さえなければ、
ウィンブルドンで
グラフに勝っていただろう選手、です。
 

直指庵

0804272
この、直指庵とは
寺のことです。
先日の菖蒲谷にはここから
上がります。


明日、長男の遠足は
奥に見えるあの山に登ります。
ちょうど1年前
ゴールデンウィークにも
登りました。

遠足で登るとなると
先生もさぞ、大変やろねぇ。

 ホーム