プロフィール

kozo

  • Author:kozo
  • 京都市右京区嵯峨在住。
    どちらさまもお気軽に
    コメントください!

    本ブログにそぐわないコメント等は独断で削除します。

    直メールは
    koz*visions-style.comまで。(*を@に変えてください)

最近の記事

カレンダー

05 | 2008/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人力車

0806281
ふと人力車をみると俥夫は女性の方でした。
嵐山~嵯峨というのは
基本的にはずーぅっと南北に坂がつづくので
これを、観光案内しながら
お客さん二人載せていくのは
ちょっと考えられないほど
きついでしょう。
間違いなく・・・


最近月末になると
ガソリンスタンド付近が
渋滞になってます。
明日からまた上がるようです。
 
 


スポンサーサイト

茅の輪なし

0806280
今日は午後から雨の降る嵯峨より、
梅雨の「鳥居(茅の輪なし)」と、
山頂の見えない愛宕さん。
このアングルは久々です。

何気なく、
去年の今頃の記事を見てみると
激写!」とありました。
コレ、もう1年経つんかいな!

茅の輪

080628
野宮神社の黒木の鳥居に
「茅の輪」。
これで無病息災の方はバッチリです。

この神社を囲っているのは「小柴垣」というそうで
源氏物語にも登場するそうな。
一応源氏物語千年紀ということで
書き留めておきます。
読んだことないけど・・・


紫陽花

080622
紫陽花の葉に
毒性があるというのは
ニュースで初めて知りました。

紫陽花を逆さして
トイレにつるしておくと
下の世話にならないというのも
最近はじめて聞きました。


紫陽花の花の色は
土地が酸性かどうかできまる、
これは聞いたことありました。

 

ストーリーボード

0806241
府内某所で、
某有名漫画家原画の
その方の一生を描いた「ストーリーボード」
という木彫りの板。
(絵をよく見ればわかります。ね?)

一瞬ではありますが
仕事でお手伝いをさせていただいた関係で
見せてもらいました。

この方は戦争中、
南方の激戦地に行って左腕を失いながらも、
仲良くなった現地の人に
助けてもらいながらすごした経験が
その後の人生に相当影響を与えたようです。

これは、その現地で彫られたものです。

 
 

田園風景

080624
どこからどこまでが嵯峨で
どこからが北嵯峨なのか
わからへんけど
住所で言えばこのへんは嵯峨。

ベートーベンの交響曲第6番でも
バックに流してごらん下さい。

でも実際は
少し左にカメラを振ると高校があって、
野球なんかをやってる音がしてます。

ちなみに20年ほど前は
甲子園にも出てました。

すもう

080621
嵯峨・嵐山・広沢の
三小学校対抗こども相撲大会
今回の会場、広沢場所にて。

異様なる熱気です。
大会の運営は相撲経験者の人たちによって
がっちり本格的にやっていただけます。

こういった大会で優勝でもしたら
子供にとっては大変な自信につながります。
 

サミット

0806191
うちの町内の主婦の方々が
月1回集まる井戸端会議風会合のことを

うちでは

「明日、サミットやねん」

というような使い方をしますが

こっちはホンマもんです。
市内が渋滞します。


雨の降り続く梅雨らしい京都でした。
 
 

川床

080619
客先での約束に少し時間があるので
川床の出ている鴨川にて。

そう遠くないむかしでも
結構水が溢れていたそうです。


昨日の記事で、
降らん降らんといっていたら
今日は降ってます。
蒸し暑いです。

祇園祭~何鉾?

080616
いつのまにやら
祇園祭の山鉾巡行まで
ひと月を切っていますね。

今年は菊鉾の練習にも
祇園祭の何鉾か忘れたけど
その何かを持って歩いてる人、
(結局何にも覚えてへんがな!スミマセン)
が参加しておられました。

一度だけ
長刀鉾(一番先頭です)が出発するとこ
見ましたけどいっぱいの人でしたわ。



それにしても

2008年梅雨の京都、嵯峨から・・・

などといいながら
ぜんぜん雨の降らん、京都、嵯峨から。

石の鳥居

0806161
なんとなく背の低い鳥居と
ボート52番。
 
だんだんと
土が堆積してきて低くなったと
考えられないこともありません。

鳥居の上には小石が
載っていることが多いです。
 
場所によっては
下から小石を投げて、
うまく載れば願いがかなう、
という神社もあるようですが

ここは投げずとも手で届きます。
 
 

はすはす

0806141
緑のハスの葉と
赤いちいさな橋。

ソウギョが少なくなって
てきめんにハスが増えました。ほんまに。



それにしても
きのうの岩手・宮城の地震は
相当強かったようですね。

仙台の友人に
すぐにメールを出しましたが
規制だとかで返信がかなり遅れてやってきました。
こういうときはメールなどは
しないほうがよかったのか?
電話は控えますけど。



青葉祭

080614
今日は弘法大師の誕生を祝う日のようで、
全国的にそれにちなんだお祭りがあるようです。
ここでも青葉祭というのをやっています。

当時、海を渡るということは
死と隣り合わせという時代に中国に行って、
認められて、いっぱいお経など
お土産を持って帰ってきた人で
今で言えば、
ほかの星に行って
その星の人にいろいろ習って
お土産をいっぱい持って帰ってきたぐらいの
イメージなのかもしれません。
 
 

梅雨?

080612
大覚寺横、小川。

このところ晴天のつづく嵯峨です。

全国的に見たら
九州では豪雨があったり
梅雨らしい梅雨ということらしいけど
梅雨入り宣言以来、
そんなに雨には遭ってへんなぁ・・・


 
 

蛍の乱舞

080611
ホタルの乱舞、
といえますかどうか。
(写真をクリックして拡大してご覧ください)
20秒ほどシャッターを
開けっ放しにしてみました。

その写真に写っている
「犬の毛」みたいなのがそうです。

ウェブサイトで
ホタルの写真の撮り方について
読んでいたら、

「虫除けスプレーはしていかない。ホタルも虫です。」

なるほど、納得。

 
 

隧道

080427
京見峠は、京都では別の
もっと有名なものがありますが、
こちらは菖蒲谷に上がる途中のところ。

祭りのときに「善さん」「かずおさん」ら長老方に
教えてもらったんですが・・・
この下に、菖蒲谷池から
嵯峨に通じる地下トンネルがあって
この地域の田畑を潤しているといいます。

また別に清滝から流れる
農業用水もあるそうで、
こういうものができる前は
やはり相当この辺は水が不足していたんでしょうか。

ちなみに菖蒲谷からのそのトンネルは
江戸時代に作られたようですが
設計したのは角倉了以の親戚の人で
とっても賢い数学者だったそうです。


 

田んぼでミッケ

0806082
近所の田んぼより。

画面の中だけで
なんぼおるねん、というほど
生き物がいます。
「ミッケ」ではないですけれど・・・

それにしても
あのスピードの水着、
裸で泳ぐより速いのか?

鳥居と胡瓜

080608
梅雨空と
鳥居をバックに、
胡瓜、かな?


友人から
「そっちホタル飛んでる?」と
電話がありました。

ホタル、とんでます。

みなづき

0806011
みなづき。
みな好き?
わたし好き。


このあいだゴルフでご一緒した
某銀行の支店長さんによると
そこの銀行では
ATMで「ロト6」が買えるそうです。
もちろんキャッシュカードから引き落とされて
当選したら自動的に
その口座に振り込まれるそうです。


ある日忘れたころに
4億円ほど口座に入ってたら、

ながーーーーーーーーいおつきあい

してもいいんですけどね。

(スイマセン、関西以外の地域では
わからないCMネタかもしれません。)

嵯峨祭 ~08 part2

嵯峨祭から10日も経つなんて・・・

還幸祭の当日、大覚寺での休憩時間中に
「どこいこ」 というサイトをされている
グローバルメディアコミュニケーションズの
山本さんから取材を受けました。
祇園祭の山鉾から始まって
粟田祭や嵯峨祭の剣鉾にはまってしまった奇特?
いや素敵な女性です。

その山本さんのブログの
嵯峨祭の剣鉾の特集はこちら

山本さんのご好意により
当日撮られた写真をDVDにして
送っていただきました。

山本さん、ありがとうございます。


その中から厳選してご紹介したいと思います。
0806042
祭りの主役はお神輿。
鉾をやる前は少しだけやったことがあります。

0806040
ご存知、菊鉾。
ディテールまでよく撮れています。

080604
当ブログでもよく登場する
お向かいさんの華麗なるステップ。
(顔は写ってませんが間違いないでしょう)
数日前にギックリ腰になって
奥さんには鉾は差さないという約束だったそうですが
最初から最後までローテーション入りでした。


0806041
ワタクシです。
お粗末さまです。(写真のことではありません)
わらじは履いていません。
この、下のアングルから見ると
まるでうまい鉾差かのように見えませんか?


嵯峨祭’08part1はこちら

町内ネタですが・・・

0806013
相当町内ネタですが、
長男の通う小学校で田植えの授業があって
町内の中村「善さん」が教えに来てくれるそうです。
ほかのところはどうか知りませんが、
この地域についての勉強を
かなり熱心にやってくれる学校です。

それだけに
このへんの小学生は
私の小学生時代よりもはるかに
「むかしからの日本」を知っていて
大人である私にも
けっこう勉強になっています。

 

飯食へば

0806012

飯食へば 鈴(りん)が鳴るなり 大覚寺


ということで
祭りの時は大覚寺さんで
お弁当を食べて
昼一に門前で鈴が鳴ります。


写真は大覚寺と大沢池の
あいだにある小川。

イネと愛宕さん

080601
溢れ出る水の向こうに
田植え直後のイネと
愛宕さん。
2ヶ月ちょっと前には
こんなんでした。


今日は
祭りの足洗い第2弾、菊鉾反省会。
みな、
当日の映像を見ながら
祭りへの、鉾への思いを
熱く語りあいます。

 

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。