プロフィール

kozo

  • Author:kozo
  • 京都市右京区嵯峨在住。
    どちらさまもお気軽に
    コメントください!

    本ブログにそぐわないコメント等は独断で削除します。

    直メールは
    koz*visions-style.comまで。(*を@に変えてください)

最近の記事

カレンダー

04 | 2009/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

RSSフィード

お旅

090531
昨日と違って、昼間歩いていても
汗ひとつかかないぐらいの
心地よい晴天の5月最後の日。
愛宕神社御旅所にて。
平常時の駐車場仕様にもどっています。
 
青空に鳥居の朱色が映えます。 
朱色というのか、
もっと別の呼び方があるのかもしれないけど。 
  
  

足洗い

090530
久しぶりに嵯峨っぽい風景を・・・
青空をのぞかせましたが
蒸し暑い5月最後の土曜日でした。
今のところ、大覚寺も結構は人少ないです。
 
 
今晩、
菊鉾の足洗い。
熱い鉾ばなしが繰り広げられる。
鉾の差し方、将来、練習、人間関係・・・
 
来年は年番で
菊鉾は鉾の先頭を努める年となります。
年番町には昔から続いている帳面が
受け継がれていくのですが
昔は「琵琶鉾」というのが
あったのが書かれているそうです。
 
 
 
 

青竹踏み

090527
青竹踏み。
祭当日まで立っていた竹を、
おかえりの後で処分する前に切ってもらってきて
リサイクルしました。
 
裸足で竹の感触はかなり気持ちよいです。
 
念のため・・・
ちゃんとした竹の製品は
嵐山の渡月橋から北へ100m、
いしかわ竹の店でどうぞ。
同級生の店なのでした。
 
今日たまたま
KBS京都のラジオカーが来てしゃべってました。
竹細工の抱き枕もあるそうです。
値が張るそうですが・・・ 
 
 

 

中村流

090528
嵯峨祭当日の朝、
「中村流家元」に菊鉾の衣装の
着付けをしてもらう「隣人」さん。 
普通のやり方では
鉾差しの動作に耐えられないようです。
 
学ぶべきことがたくさんありますが
結び系は難しい・・・
 
 
 
 

白い砂利

090526
祭の写真しかストックがありません。
大覚寺にて、別の角度から。
ここで鉾を差すときの難点が
風と砂利なわけですが、

なぜこのようなところに
砂利が敷いてあるのか、

というのを何かの本で読んだことがあります。
 
これは同じ大覚寺の中にもある、
鴬張りの廊下と同じで
歩くと音がでるようになっているのだと・・・
 
 
でも旧嵯峨御所だけあって
うなづける話です。
 
    

嵯峨祭2009~菊鉾の1日

0905240
嵯峨祭2009、菊鉾の1日。
御旅所にて。
今年の年番は鳥居本、澤瀉鉾。
大役ご苦労さまです。

090524
四区会議所前交差点にて。練習場の真ん前です。
 
0905241
大覚寺にて各鉾勢ぞろい。
魅せ場のひとつです。
 
0905242
新しくできたJR嵯峨嵐山駅前ロータリーでも差す。
風が強烈に吹き始めました。
 
0905245
嵐亭前にて休憩。
ここからほぼノンストップで御旅所まで。
私は渡月橋の辺りでエネルギーを
使い果たしました。
風が強いということで、
ここで吹散りを外しました。 
 
 
  
0905246
番外・・
今年も息子を震え上がらせた獅子舞。
去年からあまり成長してません・・・
 
インフルエンザ対策であろうマスク姿のおばちゃん達が
怖さを引き立てます。
 
  
 
  
 
・・・個人的には
かなりの反省点を抱えて
不完全燃焼で来年を待ちます。
まずは体力・筋力づくりから・・・
 
自分用の練習鉾、
作ろかな・・・ 
 

明日

0905230
0905232
四区会所前に鉾を立てて
本番に備えての準備は完了。
 
嵯峨祭の出発点である御旅所では
愛宕、野々宮の両御神輿が
並んでました。
0905231  
 
夜は、いつもよりは軽く練習をして、
その後、練習のための施設を撤去し終了。
 
ではまた明日。 
 
 
 
  

享和

090522
飾り様の剣鉾。
享和元年・・・ググって見たら
これは200年前のもののようです。


ところで・・・
今朝一番のY新聞のサイトのトップ見出し。
「埼玉県で新型インフル感染者確認…関西帰りの男性‎ 」

関西帰りって・・・
パニックを煽っているような、
ちょっとひどい書き方でないかい?
(他紙もたいして変わらへん書き方でしたけど)

と思っていたら、抗議があったのか

夕方には以下の見出しに差し替わってました。
「埼玉県で感染者、成田でも韓国人…国内では計302人に」
 
ネットの怖いところは
消した記事でもある程度残ってるということですね。 
 
  
 
 

吹散

0905181
うしろで吹散を持って歩く練習。
町内の役の人が、当日は裃を着てやります。
 
私などが鉾を差しますと
不安定にあちらこちら激しい動きになりますので
うしろを歩く人は大変な重労働となります。
 
 
 
  
 

火の粉

090518
はじめは、
遠い遠い異国のお話とばかり思っていたら、
うちの家庭にも火の粉が飛んできました。
 
水曜日から行く予定だった
長男の修学旅行の「幻の」用意。
10月に延期とは
ちょっと気の毒ですが
ちょうど雨がかかる予報やったので
その点ではちょっとラッキーかもしれません。
  
 
  

おいで

0905170
嵯峨祭、おいで(神幸祭)。
昨日切りだしてきた竹を立てる。
 
神戸で
新型インフルエンザによって
いろんなイベントが中止になっているのを耳にすると
1週間後のおかえり(還幸祭)に
影響が及ぶことがないか案じております。

お出でなった神さんが帰れへんな・・・
  
 
 
 

練習場

090515
会議所前にある菊鉾の練習場。
鉾を立てかけておく鉄製の枠、照明など
年々設備が充実してきていて
練習する側としては大変ありがたいことです。
 
 

お札

090513
お札。
うちにもたまってきました。
一度、愛宕山に登って
返しに行かなあかんのかな・・・
   
 

いつもと同じ動作をしているつもりが
体中が筋肉痛のために
じつはまったく動いていない、
ということで、あえて、大げさにやって初めて
調子良くもどってくる。

ということに最後の最後に気がつく。
(なんのことかさっぱりわかりませんね。
自分用備忘録として。) 
 
 
 

ななほし

090512
お天道様の下で、ななほしてんとう。
   
 
今晩は、雨にて鉾錬休み。
7月並みまで上がった気温が
クールダウンするように
この筋肉痛の塊も
クールダウンするのか・・・
 
 

こども用

090511
こども用、軽量練習鉾。
ちゃんと鈴も鳴るし
かなり本格的な仕様です。
 
 
2ヶ月もたっていない3月、
滋賀県に行ったときに雪が降っていたというのに
この暑さとのギャップは
なんなんでしょう。
 
 
 

練習開始

090510
嵯峨祭’09
わが菊鉾の練習、はじまってます。
写真は塩T君。
 
2日目にしてすでに疲労困憊。
こんなことで大丈夫なんでしょうか。
そこそこ事前準備をしていた去年と比べると
やはりバテルのがかなり早いようです。
  
 
最近は子供が参加するので特に思いますが
何よりケガなく無事に2週間が
過ぎることを祈ります。
昨日はうちの長男から2mほどのところに
鉾の剣先が倒れてきたので
はっきりいって練習どころの気持ちでは
ありませんでした。 
 
とかく練習がはじまれば
鈴が鳴る、鳴らないに意識がいきがちですが
人が集まるようになれば
何重にも十分すぎるほど
安全について意識しないといけないことを痛感しました。
 
 
 

阪急嵐山2

090508
満開の時の写真がなければ
これが桜の木であるということを
忘れてしまうぐらい普通になっています。
阪急嵐山駅にて。
 
ETCに沸いたゴールデンウィークでしたが
その影響なのか電車が空いていました。
 
この前はこの駅から、大阪の地下鉄を通って
大阪中を回って大阪ドームに行きましたが
計10回電車に乗った中で
座れなかったのはたったの1回。
 
家族の人数分切符が要るので
ETCよりは高くつきますが
渋滞知らずで快適でした。 
 
 
 
 

ドーム

090506
大阪ドームにて。
オリックス対ソフトバンクの試合。
GW最後の試合で8割がた
座席が埋まってました。
 
このあと
松中選手が1500本安打を達成しました。
こういう瞬間に偶然立ち会えるのは
ラッキーでした。
 
 
 

れんげ

090503
れんげの紫がかったピンク色と緑色の組み合わせも
なかなかのものですわ。
 
 
祭りの参加の依頼に
町内会長の方々が挨拶に来られる。
 
あわてて運動のため
夜の渡月橋ウォーク、
 
遅すぎますやろか・・・
 
 
 
 

公園で

0905031
前の日に、
娘が軽くけったボールが
意外に高く上がって距離が出て
公園前の家の門にガシャッと当たって、
 
ツーバウンドぐらいやったけど
思いのほか大きな音が響き、
親子ともどもちょっとビビっていたら
 
今日たまたま謝る機会ができて
快く許してもらう。
やはり大きな音は聞いておられたということ。
 
そこの飼い犬の「ブイちゃん」に
ちょっと追いかけられながらも
その方の大ファンである娘は安堵しておりました。
 
 

安土城

0904291
石の階段を登れば
天下統一の礎が残っていました。
 
山の上に6階建ての、
しかも豪華絢爛な天守閣が
琵琶湖を望んで立っていたら
どこからでも見えたでしょう。
 
今でこそ田んぼの真ん中にある山も
当時は、際まで湖が迫っていたそうですから
相当目立つ城やったに違いありません。
 
秋に安土城を舞台にした映画が
公開されるとかで
このあたりでは結構盛り上がってました。
 
歴史探訪、
この機会にETCつけてみましたの旅
その2でした。 
  
 

 ホーム