プロフィール

kozo

  • Author:kozo
  • 京都市右京区嵯峨在住。
    どちらさまもお気軽に
    コメントください!

    本ブログにそぐわないコメント等は独断で削除します。

    直メールは
    koz*visions-style.comまで。(*を@に変えてください)

最近の記事

カレンダー

07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

RSSフィード

驚愕

20100829125346.jpg
映画ネタです。必見です。
 
大阪の天保山にあるサントリーミュージアムには
IMAXシアターで「HUBBLE3D」を観る。
 
この映画、驚愕です。
画質において、普通の映画は比ぶべくもありません。
 
実はこのサントリーミュージアムは今年いっぱいで閉館になるらしく
この日本有数のIMAX映画館も存続が危ぶまれているというので
あわてて観に行った格好です。(この映画は10月いっぱいとのこと。)
 
基本的にはNASAの宇宙飛行士が
ハッブル宇宙望遠鏡を修理しに行った時のドキュメントなんですが、
一部CGもあるにせよ、ほとんど宇宙飛行士が撮った実写で
またその背景に映る地球や星の、美しいこと。美しいこと。
 
「宇宙へ行くか、3Dで体感するか。」というキャッチコピーそのまま
当日一日は宇宙に行った気分に浸ってました。
スクリーンが高さ20m×横28m。
ビルでいうと5階建てくらいでしょうか。
視界のほぼすべてをスクリーンが覆うほどのスケールです。
 
3Dとか最新技術に訴えるのは好きではないですが
これをなくすのはかなり勿体無すぎます。
大阪市に頼むのはキツイのかもしれませんが
これは是非とも存続させて欲しい映画館です。
 
 
いや、ほんまに凄いんです。
いつもより文章が興奮気味でしょ? 
 
 
 

嵐電にて

100829.jpg
妖怪電車に乗ったら
車掌も妖怪でした。
 
とんでもない企画を考えついたもんですが
けっこうお客さんは乗ってます。

車内に妖怪が乗り込んでくるのですが
お客の方も妖怪の格好をしていけば
運賃が50円になるというので
なにやら中途半端な一反木綿やら
口裂け女のような妖怪?が
客として乗車してました。 
 
 
 

銀河鉄道

100828.jpg
嵯峨駅前にて。
我がマチの銀河鉄道。
型式はちと違います。
 
ちょっと前に
銀河鉄道999のスペシャルをやっていたのを
よろこんで見ておりましたが
もう30年以上前の番組やったとは・・・
ちょっと愕然の事実かもしれません。
 
小学校の学級会で
クラスの歌を作ろうということになり
銀河鉄道999の主題歌を
替え歌にしていたのを思い出します。
 
 
 


えべっさん

100822.jpg
エベっさん、夕涼み、ちう。
ビール飲んで商売繁盛したら最高です。
嵐電の嵐山駅にて。

考えてみると嵐電というのは
すべての駅でこの嵐山駅だけが 
他の駅と比べて、会社が違うのかというほど
段違いにきれいです。
 
なかなか収まらないこの暑さですが
夏好きにとっては
このぐらい屁でもありません。
 
 
 
 



数珠回し

1008211.jpg
昨日の記事で
祭壇に置いてあった数珠を
子どもが輪になって回します。
 
全員が一回ずつ
ひとり真ん中に入って
鐘を鳴らします。
そのとき、数珠の下をくぐらないで
跨いだりすると怒られます。
 
 
缶ジュースやビールを
氷を張った桶に常備されているのですが
この暑さで氷の消費量がすごかった・・・
 
 
 
 

地蔵盆

1008210.jpg
お地蔵さんと数珠。
町内の地蔵盆にて。
従来2日間の日程だったのが今年からは1日の行事となり
手伝いする側としてはだいぶ楽になったとはいえ、
暑さも相まってクタクタです。
 
うちの町内では
わざわざ里帰りして参加する子もいたりして
少子化云々言われるこの世の中で
かなり盛況な方なのではないでしょうか。
  

一ノ堰

100819.jpg
堰のところで
詰まって出られなくなっていたのを
おじさんの舟に助けられたの図。
私の場合も舟を漕ぐのは陸上では上手なんですけど・・・
 
 
クルマに乗ると
ラジオで高校野球をよく聞くんですけど
各校のブラスバンドによる応援歌が
私の時代とちっともかわってないのが
ちょっと笑えます。
 
宇宙戦艦ヤマト、
ロッキー、
ニュースステーション時代のスポーツコーナの音楽ドカーンと一発・・・
 
しかし山本リンダ「狙い撃ち」は
私の時代ですでに古かったやろ・・・
 
 
 

鳥居形松明送り火

1008161.jpg
今年は連続写真でお送りします。
右大文字が点火される8時ですが、鳥居形は待機しています。
今のところ鳥居には見えません。
 
1008162.jpg
お、動き始めたようです。
お向いさん含め、
みなさん「束(そく)」を持って走っているところでしょう。
  
1008163.jpg
だんだん形が浮き上がってきました。
山の上の現場にいたらさぞ興奮することでしょう。
  
 
1008164.jpg
完成。合掌。
 
山肌を火が動くのが見えます。
煙も見えますし、
人間の手で行っているというのが真近に感じられて、
この独特のオレンジ色が、心にしみて来ます。  
 
 
 

渡月橋

1008140.jpg
エノコロ草の生える大堰川の川べりより
盆の渡月橋を望む。
 
この頃になると、猛暑、とは
言われなくなってきている
京都ですが
送り火を見に、でしょうか、
そこそこ観光客も来ています。
 

 
 

羽咋

100814.jpg
気がつけば1週間も更新していませんでした。
 
ちょっとアメリカに、というわけでもなく
ましてや宇宙でもありません。
先週立ち寄った羽咋にて。
 
宇宙へ行くというモチベーションを
米ソの対立という側面から考えると
お盆の時期に戦争についての番組をみるにつけ
いささか複雑な気分になります。
 
 
 

日本で?

100803.jpg
夏の池、夏の空と魚。
この空に、なんと・・・ 
 
なんと、太陽の活動によって
どうも今夜ぐらいオーロラが見えるかもしれない、
というニュースが飛び込んできました。
 
今後もそんなにちょいちょい
機会があるもんでもないでしょうから
北の空をしばらく見ていたんですけど
・・・残念。見えませんでした。
 
正確に観測できるもんでもないようなんで
明日でもチャンスはあるかもしれません。
 
 
 
 
 



夏の池

1008020.jpg
夏の池。
 
いつから「暑中」から「残暑」に
変わるんやったかな、と手帳を開けて考えるも 
この暑さで「残暑」というと
逆に空気読めてない感があるような気がします。
 
しかし、立秋がすぐそこ、といえば、
 
俳句を詠もうという人にとって
「甲子園」というのは
秋の季語になるのか?
でも春の選抜もあるしな・・・ 
 
今年はサッカーのサンガが
ちょっとグラグラしてるようやし
せめて高校野球のほうで、京都、がんばってほしいものです。
 
 
 
 
 

北嵯峨より

100801.jpg
北嵯峨より愛宕山。
 
今年は登らなかったですが千日詣り、
毎年欠かさず登ってる人には恐れいります。
この暑いさなかですからね。
去年は雨の中の登山になり
相当こたえました。
 
そういえば昼間に
警察官を沢山乗せた車両が
山の方へ走って行きました。
こちらの方もご苦労様です。
案外みなさん楽しそうな表情でしたけど。
 
 
 
 

人生

100802.jpg
このごろ、    
家族で人生を考えています。    
教育、職業、結婚、子供、お金、資産・・・         
理不尽なことも起こります。         
   
最近の家族的ブーム。
人気の職業「タレント」。
説明書を熟読している娘に
イイようにお金を踏んだくられる始末です。
 
ほかに
寿司で麻雀のようなことをする
すしジャンというのもあります。 
思いのほか熱くなります。 
 
 
 

 ホーム