プロフィール

kozo

  • Author:kozo
  • 京都市右京区嵯峨在住。
    どちらさまもお気軽に
    コメントください!

    本ブログにそぐわないコメント等は独断で削除します。

    直メールは
    koz*visions-style.comまで。(*を@に変えてください)

最近の記事

カレンダー

11 | 2010/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大晦日やのに

101231.jpg
朝から降り始めた雪は
あれよあれよと積り
雪の大晦日となってます。
出かける用事があったので
何年ぶりかにクルマにチェーンをまく。
 
ちょっと前に
うちにも地デジのテレビが来たんですけど
今日のこの雪のせいで
アンテナの受信レベルが低くなっていて
今映る地上波デジタルは・・・NHKのみ。
 
大晦日にそれは痛い・・・ 
 
 
 

スポンサーサイト

大沢の池

1012290.jpg
年の暮れ、
夕暮れの大沢の池にて。
 
嵐山界隈のお店では
花灯路が終わると、
また正月に備えて大掃除をしている
このお正月前のひとときのようで。
 
今年の正月は
雪もちらつくそうで
寒くなりそうです。
 
 
 


公園にて

1012190.jpg
嵐山花灯路が終わって
ついに本格的に冬が来てます。
冬の色合いの公園とサッカーボール。
 
 
この間、龍馬の暗殺された近江屋跡近くの
お客さんのところで聞いた話ですが
龍馬伝でその暗殺する役だった市川亀治郎さん、
そのお母さんは近江屋跡地から
すぐのご近所のご出身だそうです。
 
ついでに土佐藩主役の近藤正臣さんは
この近くのまさに土佐藩邸跡に建った小学校出身やし、 
こういうのってどれだけわかってて
キャスティングしてるんでしょうかねぇ?
 
 
 


101219.jpg
かなり混雑するだけあって
花灯路の夜の竹には
幻想的な美しさがありました。
 
とはいえ
下を見ると人ばかりなんで
見上げてばかりやないと
そうは感じないと思いますけど。 
 
こんなところ、
普段なら夜にはとても来られる場所では
ありませんから、
混雑するのもわかります。
   
 
 
 

大河内山荘前

101218.jpg
再び嵐山花灯路。
竹林の端の大河内山荘の前あたりで
このへんの人出はすごかった・・・
娘とスタンプラリーをする途中の、
スターバックスのサンプリングのイベントにて。
 
最近コーヒーの味を少し覚えた娘は
このスタバのイベントをとても楽しみに
していたのですが
サーブされたコーヒーはブラック。
周りを見回すもミルクや砂糖はなく、
大人の味には少し早かったようで・・・
 
 
 

太秦

101213.jpg
太秦、広隆寺前にて。
 
嵐電が路面電車になって交差点を進むのと
交差する道路が少し変則的なために
いつ通っても緊張を強いられます。
雨の降る夕方などは
それこそ難所といってもいいぐらい
なんじゃないでしょうか。
 
 
昨日、運のいいことに
ふたご座の流れ星を見ました。 
あれだけはっきり見えたのは
かなり久しぶりのことで
去年だかに見たのはひょっとすると
見間違いかもしれんと疑うぐらい・・・

   
 
 

嵐山花灯路~2

1012121.jpg
花灯路、
幻想的にライトアップされた畑ごしに
落柿舎。 
 
その前でやってるのは、
ロウソクに火をつけて
柿の形のカードに願い事を書くという
「祈りと灯火」というイベントです。
 
願い事カードはあとで野々宮神社で祈祷するとかで
たくさん集まっているようでした。
収益は嵐峡のために寄付するそうです。
 
落柿舎の前で、干し柿のようにして
カードをぶら下げるという
柿つながりの演出がちょっと粋でした。
(基本的に土日のみのようです。) 
1012122.jpg
 
 
 

嵐山花灯路

101212.jpg
嵐山花灯路、渡月橋にて。
 
だいぶ定着してきた感がありますが、
それに対応して渋滞も相当なものです。
地元の商店のひとたちや学生らが
集まって運営していますが
当然昼間の仕事もあるわけで
期間を通じてかなり疲れが出るものと思います。
 


山門

101207.jpg
山門に襲いかかる・・・
 
 
本日より嵐山花灯路。
つい最近までそうでもなかったのに
毎年この花灯路が始まるときには
きっちり寒くなっているような気がします。
このタイミングで今年の漢字が「暑」というのが
なんともおもしろい対称性です。
 
紅葉で込み合う時期が
以前より後退しているために
もともとは閑散期のためのイベントが
そうでもなくなってきて
ただただ忙しいだけになっている、
という話も聞きました。
お客さんで賑わうのに
越したことはありませんけどね。
 
今年も盛り上がるでしょうか。 
 
 
 
 

相棒

101208.jpg
郵便物を出しに来たのに
こんな写真を撮っていて
そのまま郵便物を持って帰ってました。
瀬戸川町にて。
 
 
「相棒2」試写会に当たったので
新しくできたイオンモールKYOTOで見ました。
驚愕のエンディングは
決してブログ等で書かないでください。
とのことでした。
 
面白かったですよ。
そういえばこの時におられた石倉三郎さんも
出演しておられました。
 
 
 
 
 
 

鹿王院

1012052.jpg
「こんどはいつ会えるの?」
「わからないなぁ・・・」
 
無人の小さなこの駅の
たった2人だけが座れるこのベンチで
これまでにどんな会話がされてきたんでしょうか。
妄想の鹿王院駅、ステーションナンバーA12にて。
  
 
この頃の嵐電の車内放送では
太秦の手前になると
水戸黄門のテーマソングがながれるのを
知りました。
放映中の今だけでしょうか。
 
 
 

釈迦堂

1012051.jpg
線香の煙たちこめる、嵯峨釈迦堂にて。
 
 
菊鉾忘年会。備忘録風。
去年と同じ場所のこい茶屋さんで。
秘伝という味噌の鍋がとりわけ旨かったです。
 
鉾を0.6mm削った話。
漆を塗っているという話は聞いていたけど
1年がかりで塗ってさらに1年乾燥させるので
来年の祭にはまだ使えないという
気の長い話でした。
 
長老話を聞くのも
こういった集まりの醍醐味です。
実を言うと何回聞いたか、という話もあるけど
なんでそんなに覚えているのかというような
昔の話は超、おもしろいのです。
 
そんな鉾の活動も
寄付や協力なくして成り立っていかないことは
それを涙で語る最年長鉾差しの表情を見ると
身に染みてきます。 
  
 
 

101201.jpg
残り僅かの柿と
カラスよけと
晩秋の空。
 
観光客も大勢いるなかで
欧米系の集団がほっかほっか亭の前で、
そこで買った唐揚げ弁当を
みんなでワイワイ言いながらつっついてると
かなり目立ちます。
 
どや、うまいやろ。
ゆず醤油もちゃんとかけるんやで。 
  
 
 

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。