プロフィール

kozo

  • Author:kozo
  • 京都市右京区嵯峨在住。
    どちらさまもお気軽に
    コメントください!

    本ブログにそぐわないコメント等は独断で削除します。

    直メールは
    koz*visions-style.comまで。(*を@に変えてください)

最近の記事

カレンダー

04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

RSSフィード

ふたたび桂川

Dsc00119.jpg
台風の影響でまたもや増水中の桂川。
 
台風が温帯低気圧になったはずなのに、 
台風でもここまでのものは
あまりなかったのではないか、
というくらい夜中の風は強烈で、
何度か家が揺れるのを感じるほどでした。
このへんを通る温帯低気圧史上最強かもしれません。
そのせいで何度も子どもが起きて呼びに来ました。
 
 
昨日は菊鉾の足洗い。
いろいろ反省など・・・
 
 
 
 

桂川

Dsc00116.jpg
増水中の桂川と、雨上がりの日の青空。
2日も雨が続くと、
嵐山界隈は川の心配をする必要があります。
 
渡月橋というのは
今よりもっと西にかかっていたという話、
どれどれ手元の「嵯峨祭の歩み」で確認。
ほんまに。古地図ではそのようになってます。
  
 
精米しようと
クルマに米30kg積もうとヨロケル。
鉾よりだいぶ軽いはずやのに・・・。
 
 
  
 

漆塗り

Dsc00107.jpg
Dsc00106.jpg
2週間続いた嵯峨祭ネタは
関係者以外には意味不明なネタだったでしょうが
ひとまずこれまでとなります。
次回予告として
来年登場予定の漆塗りたての新しい本鉾用の竿。
 
今までのものよりだいぶ滑りにくい印象です。
これで差上げ、差替えの際の危険が
緩和されると思いますが
差すときの緊張感は倍増か・・・。
 
 
 

嵯峨祭2011

Dsc00111.jpg
2011年菊鉾の嵯峨祭。
 
午前中は去年にも勝るような強い雨で
鉾巡行は車の移動だけで、
待機となりました。
 
幸いにして、
お昼の大覚寺で雨は上がり
そこから通常通りのスケジュールで巡行。
 
差し上げの時、
寒い気温と、雨が乾いた後
今年新しく削られた竿は
なぜかツルツルでまったく手に捕まらず
何度か危険な局面がありましたが
なんとか最後まで無事終了。
↓嵐山で休憩中。
去年まで違い、借景の嵐山の新緑が美しいです。
 
Dsc00114.jpg
 
 
 
2年ぶりの鉾巡行となった今年は
個人的にはかなり課題がありました。
来年までになんとか克服したいと思います。
 
 
 


青空

110519.jpg
願わくば・・・
この青空を、
22日まで残しておきたい・・・
これどこの竹やったか、たぶん西井頭の公園にて。
 
祭りの天気も気になるし、
また今年はちょっと大事な集まりを
祭り優先で欠席しているので
そっちのほうも気になるし・・・
ま、いずれもどうなるってことでもないので
余計な心配なんですがしてしまうものです。
 
 
 
 

お出で

110515.jpg
嵯峨祭、神幸祭(おいで)。
ブルー公園前交差点にて。
いよいよ嵯峨祭ウィーク突入です。
 
それにしても
どうにかこうにか、
男結びができるようになるとは
思ってもいませんでした。
↓このレベルに至るにはまだまだ遠いですけど・・・
1105150.jpg  

 
【鉾練習メモ】
本鉾を1度目で形の悪いまま、
たぶん前に倒れたまま無理に差してしまい
そこでほとんど握力をなくし、
差し上げもできなくなり、
以後悪循環、悪循環・・・。
途中で修正できなくなる。
もうちょっと余裕を持って
練習ができるようになりたい。 
 
 
 

男結び

110514.jpg
いまや鉾差しの必修技能、男結び。
 
車の窓ガラスを見ると、
黄砂は多少積もっているものの、
久々の晴天に恵まれた嵯峨です。
 
今日から本鉾練習。
いつもの重厚なお飾り、
輝いている剣、
削りたての白い竿・・・
重さと緊張感が相まってか、
あらかじめ考えていた通りの差し方の
目論みを実行することが難しく、
隣人塩T君曰くの
「本鉾に支配されて」しまうようです。
 
 
 
 

竹きり

Dsc00102.jpg
嵯峨祭「おいで」の前日。
竹きり中。
長さをそろえた2本の竹を
1対として切りだしてきて
明日、町内の道路脇で立てます。
 
条件に見合う竹がなかなか見つからず
往生します。
久々な感じの最高な天気で
還幸祭の晴天をを予感させます。 
 
 
 

総門跡

110513.jpg
菊鉾が練習場として使わせてもらっている
大覚寺の総門跡。
ここから御所、という門が
その昔あったとされる場所です。
 
普通に歩くだけなら
全く気にもならないほどの傾斜がありますが
鉾を調子に乗って鳴らしすぎると
上りは足が上がらなくなります。
 



110510.jpg
 
一日雨降りにけり。
練習もできないので、ちょうどよい休息になりました。
 
今年は鉾の差し上げ
(交代するときに抜いて、次の人に渡す)
をしているために、
さぞ全身の筋肉痛や関節痛があるのかと思いきや、
太ももと、握力を司る腕の筋肉以外は
痛みはありませんので
さほど無理な動きにはなっていないのかな
と今のところ思っています。
 
ただ、まだ練習鉾の段階なので
まったく油断できませんが・・・
 
 
 
 

110508.jpg
一気に初夏の天気。
桜の青葉うつくしや。ゴーン・・・
 
 
【以下memo】
 
練習鉾に2.5kgの重り2対ついただけで
ズッシリな重量感。
差し上げの感覚も違うし。
いつもここで調子を崩すので
なんとか復活させたい。
 
 
 

信三郎

Dsc00095.jpg
鉾練習開始。
今日から嵯峨祭還幸祭当日まで、
毎夜の練習がつづきます。
 
写真は、今年、森Tさんに新調していただいた
信三郎帆布の布で作った帯。
超手間がかかってます。
 
一度付けたら、外れることもなく
指しているときの軽さも違い、調子いいようです。 
やっぱり帯か!?
 
 
 
 

山門から

110505.jpg
山門より若葉のころ、を覗く。
 
今年の連休はちょっとは空いているかな、
と油断していたら、
太秦映画村の付近の脇道で
渋滞に巻き込まれる。
 
当町内は明日から鉾練習がはじまり、
嵯峨の街に鈴(りん)の音が
響きわたります。
 
 
 

タワー

110502.jpg
黄砂に霞む京都タワー。
 
昔から続いているという、
春の風物詩とはいえ、 
外にいるとのどが痛くなってくるのでは
車の窓も開けられず、
ちょっとつらいです。
 
 
 

日常の風景

110501.jpg
ゴールデンウィーク、日常の風景。
 
友達が家に来たり、
夜に別の友達に誘われて
鹿が現れる練習場で
ゴルフの練習をした後、深夜のガスト。
学生のようです。
あとは読書少々でしょうか。
そんなゴールデンな日々。
 
今晩は町内の役員さんたちが連れ立って
毎年恒例の「鉾始まるよ」、
のご挨拶に来られる。 
去年は雨で練習だけに終わった嵯峨祭、
今年も始まります。  
 
 
 

 ホーム