プロフィール

kozo

  • Author:kozo
  • 京都市右京区嵯峨在住。
    どちらさまもお気軽に
    コメントください!

    本ブログにそぐわないコメント等は独断で削除します。

    直メールは
    koz*visions-style.comまで。(*を@に変えてください)

最近の記事

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

RSSフィード

蔵出し

250529.jpg
祭りが終わったと思ったら梅雨入りし、
いつもの町にもどった嵯峨ですが、
新たな写真が増えるべくもなく
蔵出し画像より。
 
今年の反省会で上がるであろうトピックのひとつ
「中学生、祭本番で本鉾鳴らした件。」
こういうのって一生記憶に残るんちゃうかな・・・エエなぁ
 
彼は毎晩、中学の体操服で
練習に来ていたのが印象的でした。
下の子供達にも優しく指導して
リーダーとなるであろう何年後かがすごく楽しみです。
 
・・・また、その影には
引退した熟練鉾経験者の先輩たちの
子供用鉾でつきっきりでの指導がありました。
ここ数年、毎年実績を上げている
恐るべしジュニア教育システムです。
 
 
 

コメント

祭の空気日頃の頑張りと、祭独特の空気が あの鈴を鳴らしたんでしょうね。。 あれはすごいと思いました。 あと、祭が終わって冷静に考えると、 腕を痛めた時点で差すのを やめるべきでした。 もし、完全に倒してしまったり、 それで誰かケガさせてたら、、、 と落ち着いてから反省してます。 差したい一心と

日頃の頑張りと、祭独特の空気が
あの鈴を鳴らしたんでしょうね。。
あれはすごいと思いました。

あと、祭が終わって冷静に考えると、
腕を痛めた時点で差すのを
やめるべきでした。

もし、完全に倒してしまったり、
それで誰かケガさせてたら、、、
と落ち着いてから反省してます。

差したい一心と、1人でも減ったら、
みんなの負担が増えるとの思いでしたが、
自分勝手な危険な判断でした。

下の世代が育ってきて、鉾差し内での
自分のポジションも昔とは違うことを、
改めて感じた祭でした。

以上、反省文です。

>隣人さん

腕は大丈夫なんでしょうか。
まわりに人はつくので差せるのであれば差して良かったんやと思いますよ。でも差替えはすべて変わってあげるべきやったね。負担を押し付ける格好になっていてこちらこそ申し訳なかったです。

差上げ、差替えのスピードについては、まだまだいくらでも無駄があるから、安全を損なわないでスピードアップの余地はあると思いますし、また反省会で考えましょう。

せっかくの祭なんやし、もうちょっと余裕を持ってゆっくりと優雅に差したいもんですね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム