FC2ブログ

プロフィール

kozo

  • Author:kozo
  • 京都市右京区嵯峨在住。
    どちらさまもお気軽に
    コメントください!

    本ブログにそぐわないコメント等は独断で削除します。

    直メールは
    koz*visions-style.comまで。(*を@に変えてください)

最近の記事

カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

RSSフィード

郵便局の夜間窓口

仕事で送付物があるときは
夜に、郵便局の時間外窓口によく行きます。


たいてい職員の方がひとりで取りしきっています。


今日も時間外窓口のある郵便局へ行くと、
前に人が3人ほど並んでいました。


窓口の向こう側では、
初めて見る、50代の職員が業務を行っていました。

職:「1万円、あずかります。」


最近はどこの郵便局でも対応はよくなっていて
通常はほぼ90%「おあずかりします」と言います。
この職員の言い方は、少し横柄でした。


職:「はい、次の方・・・・、
・・・・あ、これはちゃんと書いといてもらわんと困るんですわ。」
客:「いつもはそちらで書いてくれやはるけど・・・」

職:「そうですか・・・ほなまあ、今回はこっちで書いときますわ。」
と奥へユウパックの包みを持っていって、
巻尺でサイズを計り出しました。

客:「ちゃうちゃう。それは重さを計るんや。」



などというやりとりが延々続きます。
アポイントがあり、時間がなかったので
あきらめて帰ってきました。


この50代の人が郵便局員になったころは、
民営化論争など考えもしなかっただろうけれど
かなり丁寧な応対をする人が増えているせいで
余計に人によって対応に差を感じることが
多くなっています。


50代の職員の方にも
この日は試練の日だったように見えました。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://visions.blog12.fc2.com/tb.php/152-6965c6a9

 ホーム