プロフィール

kozo

  • Author:kozo
  • 京都市右京区嵯峨在住。
    どちらさまもお気軽に
    コメントください!

    本ブログにそぐわないコメント等は独断で削除します。

    直メールは
    koz*visions-style.comまで。(*を@に変えてください)

最近の記事

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちはやぶる

090105
「滝の音は たえて久しくなりぬれど
 名こそ流れて なほ聞こえけれ(藤原公任)」

坊主めくり、いや
百人一首のシーズンということで、
名古曾滝跡より。


小学生の息子が百人一首を覚えるというので
興味を深めてもらう意味で、
落語、柳家小三治「千早振る」を聴かせる。


あとで、この落語の題材になった、

「ちはやぶる 神代も聞かず 竜田川
からくれないに 水くくるとは(在原業平)」

の歌を覚えたかどうか聞くと、

子:「うん、覚えたよ。
   千早にふられて 神代にも振られた
   竜田川っていう相撲取りの話やろ」
父:「そうそう。
   ほんで実際のこの歌の意味は?」
子:「え・・・(絶句)
   そういう意味とちゃうの!?」
父:「・・・(絶句)」

息子が読んでいる百人一首の本にも
この落語の話が紹介されていて
そこしか読んでいなかったと。


どんな百人一首やねん。 

コメント

へぇ~、京都ではそういう授業があるんですね。。
お国柄ってトコでしょうか?
コッチでは、うどん作りはありますが、百人一首は覚えなかったな。。
なので、記事読んでuriboはチンプンカンプンでした(笑)
kozoさんは詳しそうですね。。
京都の人はみんなそうなんかな?
それならスゴイなぁ~! 尊敬するな。。

うどん作りがあるんですか?さすがです。
かなり羨ましいです。

こちらは、
「小倉百人一首」の小倉山が学区内ということも
あるので比較的盛んなのかもしれません。

僕はぜんぜん知りませんよ。
落語はご隠居が知ったかぶりして誤った意味を
金さんに説明するという話なんですけど
僕もその誤った意味しか知りませ~ん!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://visions.blog12.fc2.com/tb.php/684-918bb425

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。