プロフィール

kozo

  • Author:kozo
  • 京都市右京区嵯峨在住。
    どちらさまもお気軽に
    コメントください!

    本ブログにそぐわないコメント等は独断で削除します。

    直メールは
    koz*visions-style.comまで。(*を@に変えてください)

最近の記事

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

渡月橋

Dsc_0001.jpg
兵どもが夢の「まえ」。
 
嵐山のピーク週間の最後の週末。
歩行者が横断できないように柵をしています。
 
散策は朝に限りますが、
結局は人が多いからこそ、
人が来るという逆説的な法則はあると思います。
お店も空いてませんし。
 
 
 

豊穣

Dsc08147.jpg
豊穣のむこうに愛宕山。
 
新しい家が経つということで
隣の家が解体されて更地になる。
町内で何もない空き地というのは久しぶりに見た気がします。
 
今まで自分で作った紙の模型でしか
見たことなかった方向から
あらわになった自分の家をみると
少しスースーするような恥ずかしい気分です。
 
 
 

大堰川

Dsc07904 (1)
少しでも涼しそうな風景を、
と思って水辺の風景を撮るも
なんとなく暑さが伝わってしまう気がします。
渡月橋から東方を望む。
 
 
オリンピックが
少しずつ現実的になってきたこの頃
権力と既得権益がそこら中でうごめいているのが
オリンピックはあまりに大きな話だけに膿が表出されるがごとく
現れるのでしょうか。
 
私はデザインの力を信じますが
アルファベットのモチーフを使ったところが
色んな意味で今の日本を象徴しているように感じます。
 
この問題をスムーズに解決するのは
招致のときのエンブレムを使うことしかないような気がします。  
 
 
 


渡月

2015-06-03 22.17.59
月夜@渡月橋。
 
祭の疲れはほぼなくなり、
会計の雑務やら会議などが残るのみです。
 
渡月橋で鉾を差す時
最初に垂直になっているかどうかを
一瞬真上を見て確かめるのですが
その時の青空が何とも言えないほどキレイだったこと。
 
暑いのや、日焼けなど、困ることもありますが
祭は晴れてるのがええなぁ。
 
 
 

タワー

2015-05-13 19.02.17
日が暮れて、
点灯したばかりの京都タワー。
 
地域のランドマークは
時代のランドマークでもあります。
 
照明が消える最後の瞬間を見ようと
待っていたこと・・・・・・・ 
京都駅も今のではなく
前の駅舎だったか。
 
タワーを見ると思い起こす風景。。。 
 
タワーはいつもここにあります。
 
 
  
 

前のページ «  ホーム  »  次のページ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。